マイホームの購入予定

硬貨

住宅ローンの選択について

今は賃貸物件に住んでいるけれど、遠くない将来マイホームを購入したいと考えている家庭も少なくないといわれています。マイホームは人生で最も高額な買い物となるため、住宅ローンを組んで購入することが一般的です。住宅ローンは長期間かつ高額なローンとなるため、わずかな金利差であっても総返済額が大きく違ってくることとなります。住宅ローンの金利のタイプとしては、フラット35に代表される固定型、変動型、一定期間固定でその後変動金利に移行するタイプがあります。借入時点の金利で比較すると、変動型がもっとも低く、フラット35のような長期固定型が高い傾向にあります。これは変動型はその後の金利変動リスクを借入側が負うことになるからです。現在の日本では歴史的な低金利状況で推移しており、これ以上下がることはないといっても過言ではない状況です。しかし、将来にわたってこの金利で推移していくことが約束されているわけではなく、今後は上昇していくリスクはあります。金利が上がると毎月の住宅ローンの返済額も上昇するので、そうしたリスクが不安であればフラット35のような固定型を選択するのがよいといえます。定期的に金利の推移をチェックして上昇傾向になれば固定型に借り換えをすればよいという人もいますが、住宅ローンの借り換えは手数料や一定の時間もかかる傾向がある点には注意が必要となります。また、素人では将来の金利の推移を予測するのは困難という実情もあります。フラット35を利用しながらまとまった資金が用意できた場合には繰り上げ返済をしていくという方法もあります。

Copyright© 2018 カードローン選びは慎重に【ランキング記事を参考にしてみる】 All Rights Reserved.